イベントに参加する

関東地方
対象
  • 大学生
  • 社会人

このイベントは終了しました。

「MIDORI‐GO FES.2nd at COMMUNE2nd」開催のお知らせ

ソーラー発電で行う“音楽とエネルギーワークショップ”のフェスティバル

3月26日(日)

ドーム横室内スペースIKI-BAでCOMMUNE2nd内の自由大学で実施している講座「希望の未来を考える-エネルギー編」と連携したワークショップを行い、日本や世界の再生可能エネルギーの動向や広まりについてディスカッションいたします。

また、使用する電力を全て20枚のソーラーパネルで発電した電気(蓄電システム7.2kwh)で賄った音楽ライブ等をドーム内のステージで行います。

[イベント概要]
3月26日(日)16:00~21:30 (ワークショップは18:30~21:30)

【会場】
COMMUNE2nd (東京都港区南青山3-13) 

【プログラム詳細】
■18:30~21:30
[ワークショップ]希望の未来を考える -エネルギー編- 特別編 @ドーム横室内スペースIKI-BA


〈ワークショップについて〉
自由大学で実施している講座「希望の未来を考える-エネルギー編-」では、これまで全5回にわたり、
世界で再生可能エネルギーを中心としたエネルギーはどれくらい広まっているか,どう広まっているかなど,
世界の動向を見ながら今後どういった未来を選んでいくのかをエネルギーを切り口に話し合ってきました。
今回のワークショップでは、本講座と連携。
「未来の日本と世界において、再生可能エネルギーの比率はどうあるべきなのか?」
「日本のエネルギー問題を自分ごと化させ,再生可能エネルギーを日本に広げていくためにはどうすればいいのか?」など,
自由大学受講生から再生可能エネルギーを中心としたエネルギーの希望の未来を考える上での「問い」(問題提起)を
出していただき、それに対し当日の一般参加者の方々とともにディスカッションをする形式をとります。



【登壇者】
・キュレーター:本村拓人(もとむら たくと)
1984年4月東京都生まれ。2004年名古屋にて人材派遣会社の立ち上げに参画。
米国留学中、アジア・アフリカを放浪。この経験から新たに貧困の定義(=想像力が枯渇している状態)を提唱。
以後、世界を移動しながら具体的にこの“貧困”問題に取り組む株式会社Granmaを2009年に設立。
以後、メディア&イベントプロデュース業、キュレーション業、プロダクト&ビジネスモデルデザイン業の3つの“業”を通じて問題解決に取り組む。

・岩井謙介(いわい けんすけ)
1988年長野県上田市生まれ。東京育ち。
北欧好きがきっかけで自由大学の「クリエイティブ都市学-Stockholm」を受講し、自由大学の学びに関わり始める。
2012年自由大学祭副実行委員長。物事を編集し誰かに伝えることに興味を持ち、都市・デザイン・メディアを軸とした活動を企画運営。
現在は、青山の国連大学で年4回開催しているNordic Lifestyle Marketを主宰し北欧ライフスタイルマガジン「a quiet day」のデザイン・ライティング・編集・出版を行っている。北欧ヴィンテージデザインも探求中。


■16:00~21:30
[Solar LIVE]
-live act-
sauce81 feat BROKEN SPORT(JAZZY SPORT)/TAKASHI TESHIGAWARA a.k.a.Tessie/SUPERSTARS
-DJ-
Kazuhiko Asami/Satoshi Miya/原島”ど真ん中”宙芳

PageTop